MAMELATTEげーみんぐ

ARTICLE PAGE

グラフィックボード MSI オーバークロック方法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Published on: --,  -- -- --:--
  • Comment: closed
  • Trackback: closed
dasd.jpg
今回は、このMSI N760GTX Twin Frozr 4S OCのオーバークロックを説明していきます。

このグラボのオーバークロックは、簡単なもので二つあります。
ひとつはMSI アフターバーナーを使う。←これはMSI意外でも使用できます。
二つ目はGamingAppを使う。←こいつはワンクリックでオーバークロックできます。
GamingAppは760に限らず、MSI製のグラボすべてに対応しております。

まず一つ目から説明していきます。

アフターバーナーDL

DLしたら、展開してセットアップを起動してください

終わって、アフターバーナーが起動したらこんな画面がでます。

20120809202039291.jpg

主にOCでいじるのはCore Clock(MHz)とMemory Clock (MHz)です。

Core Clock
ビデオカードのパフォーマンスに最も影響する項目です。両者は連動しており、Core Clockの倍の値がShader Clockとなります。
オーバークロックの手順としてはまずちょっとずつクロック数を上げていき、OCCT:GPUなどのできるだけ負荷の高いソフトを回して安定していたら、さらに上げていくという感じ。限界が近いと画面にノイズや変な模様がでたり、ドライバが停止して強制的にデフォルトへ戻ります。

Memory Clock
こちらもビデオカードの性能を左右する項目です。数値が高ければ処理能力が上がります。

この二つを、地道に少しずつあげていく。
あげたら、不具合が出ないか確認、の繰り返し。
それがオーバークロックです。
もしも一気に上げたら、何にも確認なんてしてないので壊れる確立も高くなります。
グラボを死なせないためにも、地道にやっていきましょう。

続いて、Gaming APPについて説明します

これは説明もほとんど要らないほど簡単です。

ただクリックすればOCできるんです。

サイレンとモードをクリックした場合
fefefefe.jpg

ゲーミングモードをクリックした場合
fsfs.jpg

オーバークロックモードをクリックした場合
dadadawdsa.jpg

と、なります。
私の場合はゲームをやるときはOCにしています。
普段はOCはしてないです。

※オーバークロックは何があっても自己責任でお願いします。保証を受けられなくなるのでご注意を
にほんブログ村 ゲームブログ AVAへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Category: 未分類
Published on: Sun,  08 2014 18:06
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。